K-POP・韓国

Apink(エーピンク)脱退したメンバーは誰?人気順やメンバーカラーもチェック!

Apinkは、デビュー時7人組でスタートし人気を集めました。ホン・ユギョンの脱退により6人で活動を継続しましたが、脱退騒動は社会にて大反響となりました。 ファンを多く持つ彼女たちの人気順は、メディアでも屡々取り上げられています。時に彼女達の人気順は各々ルックス・ボーカル・人柄・ダンスなど個性も豊かで集計時期毎に結果が異なることもあり、大変興味のあるものです。今回、Apinkのプロフィールをご紹介させていただきます。

Apink(エーピンク)とは?

引用:renote.jp

「妖精」をコンセプトとした韓国の清純派女性6人組のアイドルグループです。所属はPlay Mとなります。2011年4月19日にデビューし清楚でピュアなイメージで人気を博し、2014年には日本デビューも果たしました。

グループ名は、『最上級のA』と『少女らしさのpink』を合わせてApink(エーピンク)と名付けられました。デビュー当初は、7人組の女性グループユニットでした。

その後2013年4月にメンバーのホン・ユギョンが学業への専念を理由に「Apink メンバー 脱退」することとなり現在に至っています。2018年1月に日本のファンクラブは解散してしまいましたが、今なお根強い人気を誇っています。

Apink(エーピンク)メンバーのプロフィールは?

Apink(エーピンク)メンバーのプロフィールをご紹介します!

パク・チョロン

引用:wikiwiki.site

グループの長姉でリーダーを務めるのが、パク・チョロンです。幼少期から合気道を8年間も習っていたこともありスリムでしっかりとした筋肉質な体系の持ち主です。彼女の歌声はグループのイメージによく合うしなやかで柔らかい美声を持っていることからサブボーカルを務めています。

また作詞家としての顔もあり、デビューのデジタルシングルやミニアルバムの収録曲に歌詞を提供もしています。リーダーとしてメンバーからも慕われグループをしっかりと取りまとめています。

ユン・ボミ

引用:matome.naver.jp

チーム唯一のメインダンサーでムードメーカーなのが、ユン・ボミです。長い手足と体のライン、力強い群舞のダンスの能力に優れており、元々はダンスでオーディションに合格しました。

ただApink自体がダンスより歌を重視していることから、本人はその後熱心なボーカルトレーニングに取り組み、それで培った柔らかい声と安定度のある高音域でもリード出来る声量によって、リードボーカルのポジションを任されるまでになりました。また小顔で美しい横顔のビジュアル面も併せ持ち話題に上がるメンバーの一人です。

Apink(エーピンク)ボミのダイエット方法で痩せる?身長や体重が凄い!韓国で人気のApink(エーピンク)は日本でも絶大な人気を誇っています。今回はApinkメンバーボミさんの身長や体重、ダイエット方法につ...

チョン・ウンジ

引用:news.kstyle.com

俳優業でも輝きメインボーカルも務めるのが、チョン・ウンジです。合格後デビューするまで1か月であったことから期待の大きさを感じます。ファン層や仕事も幅広く、映画やドラマ、ミュージカルの俳優業で成功を収めグループ内で最も認知度があります。

合格前にはボーカルトレーナーを目指していたこともあり、同年代の女性ボーカルの中でも断然優れた歌唱力をもっていると評価も高く特に声量が非常に大きいのが特徴です。そういう理由からデビュー以降、高音や多くのパートを担当してきました。

またシンガーソングライターとしてソロ活動も実施し、2016年からは毎年アルバムやシングルを発売しています。その中には音楽番組1位を獲得しているものもあり人気が伺えます。2019年には、Youtubeの個人チャンネルも開設しています。

ソン・ナウン

引用:matome.naver.jp

ビジュアルセンターになるのが、ソン・ナウンです。静かでクールなイメージがついています。合格後は、本人の努力もありボーカルの能力向上が見受けられ、現在は成熟した姿を感じることができます。

キム・ナムジュ

引用:joah-girls.com

ビジュアルにとても優れていることもありセンターに位置し、仕事は個人でのモデル活動やCM活動への出演が多いメンバーです。子役時代を経てアイドルになったのが、キム・ナムジュです。

幼少期から芸能活動に取り組み7歳の頃からダンス学院に入学し実力を育んできました。その経験に合わせて運動能力にも優れており、リードダンサーのポジションを務めています。

またすっきりとした美声と優れた声量で高音域に強みを持っていることからリードボーカルとして支えています。性格も非常に陽気なことから周囲を元気にさせるキャラクターです。

オ・ハヨン

引用:danmee.jp

最長身でフィジカル担当、オ・ハヨンです。グループでは最年少ですが、グループデビュー当初から成熟した容姿を持っていてそれを感じさせません。性格は末っ子らしく甘えたっぽい一面も見えますが、容姿からもセクシーな面がクローズアップされその部門1位になることもあります。

ボーカルに関しては、デビュー当時と比べると非常に成長が感じられます。成熟したトーンにハスキーボイスが混じり音域も広いため、曲「Remember」では広いパートを任されるまでになりました。

Apink(エーピンク)脱退したメンバーは誰?

引用:k-plaza.com

Apink(エーピンク)メンバー脱退したのは、ホン・ユギョンです。2011年4月19日のデビューから2013年4月23日までグループメンバーとして活動をしてきました。当時DSR製鋼ホン・スンモ会長の孫娘として知られ話題を集めることとなりました。

事務所側からは、

『Apinkのホン・ユギョンがグループから脱退した。学業に専念したいとのことで、平凡な女子大生ホン・ユギョンとして過ごす予定である』

と発表されました。その後、事務所側はあくまで本人との合意を強調もホン・ユギョン側の両親などは一方的な解雇だとの主張となり、両社の言い分が異なりこの脱退を巡っては様々な物議・憶測を呼ぶこととなったようです。

Apink(エーピンク)脱退したメンバーの現在は?

引用:xn--apink-5o4d8hvb1fwftcwfh.otupa-kan.com

2013年に突然、「学業優先」を理由にApink(エーピンク)メンバー脱退したホン・ユギョンの最近の画像などが話題になっているようです。その後も大学生活を過ごし、その他メンバーとの交流も伝えられています。

Apinkメンバーであるチョン・ウンジの画像では、手作り料理をふるまって食事の様子をアップしているがその中にホン・ユギョンも参加し一緒に食事をする様子が公開されています。

Apink(エーピンク)脱退したメンバーについてネットの反応は?

ホン・ユギョンがApink(エーピンク)メンバー脱退をしたことに関して、父親であるホン・ハジョン氏がSNS上にて事務者側の解雇を感じさせる書き込みなどもあり、「事務所側との不和」「メンバー間の不和」「新しいメンバー採用のため退出」などのルーマーがファンの間で広がりました。

Apink(エーピンク)ウンジの身長体重は?顔を整形しているのか徹底検証!韓国で大人気ガールズグループApink(エーピンク)ウンジさんの紹介です!今注目しているのはApinkウンジさんの身長・顔についてです。...

Apink(エーピンク)の人気順やメンバーカラーは?

引用:page.auctions.yahoo.co.jp

Apink(エーピンク)の人気順は(2020年最新版)、以下の通りとなります。

(1位)ユン・ボミ
(2位)ソン・ナウン
(3位)チョン・ウンジ
(4位)オ・ハヨン
(5位)パク・チョロン
(6位)キム・ナムジュ

メンバーカラーは、グループカラーとしてメンバーもピンクとしています。ピンクでも他のグループなどと区別するのに「パステルローズピンク」とい言われることもありますが、公言はされていないようです。

Apink(エーピンク)ナウンの顔変わったのは整形?彼氏や好きなタイプも!2011年に韓国でデビューしたアイドルグループApink(エーピンク)。人気を支えるApink(エーピンク)のビジュアル担当ナウンですが...

Apink(エーピンク)のメンバーの見分け方は?

引用:matome.naver.jp

  1. 特徴的なナムジュとウンジを特定することが良さそうです。
  2. 美人3人組では、夫々の特徴を鑑みて・高身長がハヨン・美形がナウン・その他もう一人がチョロンというようにする区別する。
  3. ボミは曲により髪型が変化するので注意が必要ですが、バラエティーで目立つので覚えましょう。

センターはナウン、メインボーカルはウンジ、髪型ボブ系のボミ、ぱっつん前髪ロングヘアーはチョロン、ショートヘアーの美形はハヨン、大きな目のナムジュなども参考にしてください♪

Apink(エーピンク)脱退したメンバーは誰?人気順やメンバーカラーもチェック!まとめ

Apinkは、韓国の清純派女性グループの先駆け的な存在です。デビュー以来人気を集め、ホン・ユギョンの脱退を経て6人組となり活動していますが、今なお不変の人気があります。メンバー人気順は、投票時期によって変動しており、各メンバーが魅力的で人気を博していることが伺えます。メンバーカラーもキュートで可愛いイメージ通りのピンクというのも納得がいきますね。これからの活動にも楽しみをもって期待し見守りたいと思います。