俳優・タレント・モデル

奥平大兼の身長や体重は?Wiki風プロフィールまとめ!

みなさんは奥平大兼という話題の新人俳優さんをご存じでしょうか?今回は、ネクストブレイクが期待される俳優、奥平大兼について身長や経歴をwiki風にご紹介していきます!wiki風にまとめてあるので、奥平大兼のことを簡単に知りたいという方にもオススメです。奥平大兼の身長の他にも、今までの経歴や出演作品についても詳しくまとめています!一足先に話題の新人俳優・奥平大兼について情報を先取りしちゃいましょう!!

奥平大兼のWiki風プロフィールは?

引用:suntoranosuke.com

では、奥平大兼さんのプロフィールを見ていきましょう!

本名:奥平大兼(おくだいら だいけん)
生年月日:2003年9月20日
年齢:16歳 (2020年09月03日現在)
出身地:東京都
血液型:非公開
趣味:芸能鑑賞・洋楽・クラシック・ピアノ
特技:バスケットボール(中学3年間)
空手(6~12才)初段
所属:スターダストプロモーション

大兼という名前はかなり変わっているので、芸名かと勘違いしてしまいがちですが、本名だそうです。“奥平”という苗字は沖縄県に多いそう。奥平大兼さんは東京都出身ですが、もしかしたら両親のどちらかが沖縄県出身なのかもしれません。

バスケットボールや空手といった運動一筋ではなく、趣味は芸術系なのが驚きです。ピアノは小学校6年生から1年間、集中力を鍛えるために通っていたみたいです。習って終わりにしてしまうのではなく、趣味として継続できているのが素晴らしいですよね。

所属事務所のスターダストプロモーションには他にも、渡部篤郎・窪田正孝・山崎賢人・横浜流星などが在籍。大物も旬の俳優も所属している大手芸能事務所です。有名事務所に所属していることもあり、今後の活躍が楽しみですね。

奥平大兼の身長や体重は?

引用:mensnonno.jp

奥平大兼さんの身長は172cmだそうです。まだ高校2年生、成長期ということもあり、まだまだ身長は伸びると思います!逆に、成長途中だからこそ演じられる役柄もありますよね。

身長が伸びきっていない、あどけなさが残っているうちに色々な作品に役者として挑戦していってほしいですね!

奥平大兼が空手で全国大会優勝?

引用:towatari.info

奥平大兼さんは6歳から12歳まで空手を習っていました。6年間続けていることもあり、実力派かなりのもの!スターダストプロモーションの公式HPにも今までに出場した大会での成績がプロフィールに書かれていました。

  • 2012年 全国武道空手道交流大会「形」優勝
  • 2013年 全国武道空手道交流大会「形」3位
  • 2014年 全国武道空手道交流大会「形」準優勝

地区大会などではなく全国規模の大会で毎年、かなりの好成績を収めています!中学校でバスケットボール部に所属するまで、とても熱心に打ち込んでいたことがわかりますね。バスケットボール部でも同じように真面目に打ち込んでいる姿が想像できます。

奥平大兼と横浜流星は似てる?

引用:nobicoma.com

奥平大兼さんにとって横浜流星さんは同じ事務所に所属する先輩。先輩・後輩の関係である二人が似ているといわれる理由は、学生時代の経歴に共通点があること!横浜流星さんは極真空手、初段の実力者なことでも話題になりましたよね。

2011第7回国際青少年空手道選手権大会13・14歳男子55kgの部で優勝し、世界一に輝いています。極真空手と空手、という違いはあるものの、二人とも大会でかなりの好成績を残しているところが共通していますよね!

経歴が似ているので、奥平大兼さんは「ポスト横浜流星」とも言われているみたいです。眉が太いところや、気だるそうな目元など顔立ち・雰囲気もなんとなく似ている感じがあります。この先、二人が共演!ということになったら面白そうですね。

奥平大兼が芸能界に入ったきっかけは?

引用:cinemacafe.net

奥平大兼さんが芸能界に入ったきっかけはスカウト!中学1年生の時、友人と一緒に渋谷に出かけた際、スカウトされたそうです。渋谷の改札ゲートがトラブルで開かず、立ち往生していたところで声をかけられたみたいですね。

このトラブルがなかったら、スカウトされていなかったかもしれないと思うとなんだか運命的です!そして2017年の4月から事務所に所属することになりました。ちなみに、横浜流星さんも原宿でのスカウトがきっかけで芸能界入りしています。

二人ともスカウトがきっかけでスターダストプロモーションに所属することになっているので、これも共通点の一つかもしれませんね。

奥平大兼の演技力が凄い?

引用:mantan-web.jp

スカウトされて芸能界入りした奥平大兼さん。「勉強のために」と受けた初めてのオーディションで見事メインキャストに大抜擢!演技経験がほとんどない中で新人ながらも大役を勝ち取りました。

初のオーディションで合格した作品がスクリーンデビュー作品になるなんて、すごすぎますよね!オーディション合格の知らせを聞いて、一番驚いたのは奥平大兼さん本人かもしれません。

インタビューに対しても、

「オーディションを受けること自体が初めてで、勉強になればとオーディションを受けました。
審査側の机は選考書類の山でしたし、絶対受かるわけがないと思っていたので、合格の連絡を聞いたときは、嬉しいよりも驚きの方が大きかったです。」

と語っています。新人ながらも圧倒的な存在感を見せ、監督やプロデューサーは奥平大兼さんのことをベタ褒め。初めての映画出演、演技のお仕事を経て奥平大兼さんがどんな俳優さんに成長していくのか、これからがとても楽しみです。

奥平大兼の主な出演作品は?

引用:cinemacafe.net

奥平大兼さんの代表作とも言える作品が2020年7月3日公開された映画「MOTHER マザー」です。先ほども紹介した、初めてのオーディションで大役を勝ち取ったというのがこちらの作品。この映画は、実際の「少年による祖父母殺害事件」をモデルに、息子の幼少期から青年期を通して母親と息子の関係を描いた作品になっています。

奥平大兼さんが演じるのは、母の歪んだ愛情を受けて育った17歳の少年・周平。奥平大兼さんの演じる周平はこの作品の中心人物で、とても重要な役どころ。

この映画のプロデューサーである佐藤順子さんは「この作品の明暗は周平役で決まると考えていました」と口にするほど。周平は演じるのがかなり難しいキャラクターです。ですが、大森立嗣監督はオーディションで奥平大兼さんを見たとき「この子しかいない!」と思ったそう。

映画「MOTHER マザー」は、主要キャストとして男にだらしなく、実の息子・周平に奇妙な執着を見せる母親・秋子に長澤まさみさん秋子の内縁の夫になるホスト・遼を阿部サダヲさんがそれぞれ演じています。

そんな実力派俳優が名を連ねる中で、演技未経験の新人が起用されるのはかなりのレアケースですよね。奥平大兼さんには演技経験の有無に囚われない、独自の魅力があるのだと思います。

母親役を演じた長澤まさみさんも「奥平くんは初めてお芝居をするとは思えないくらい堂々としていて、感じたことや思ったことを素直に反応してくれたので、今回、私はとても助けられていたように思います」とコメントしています。

初めて演じるには難しいキャラクターと、主要キャストへの大抜擢はかなりのプレッシャーだったと思います。それでも、初めてだからと臆することなく最後まで周平を演じきった奥平大兼さん。この作品での活躍を機に、ますますメディアへの露出が増えること間違いなしですね!

奥平大兼の気になる歯並びについて詳しくはコチラから!
⇒奥平大兼の歯並びはこれから矯正?両親や家族構成も!

奥平大兼の身長や体重は?Wiki風プロフィールまとめ!

いかがだったでしょうか?新人ながらも独特の雰囲気と存在感で見事、映画「MOTHER マザー」の主要キャスト・周平役を勝ち取った奥平大兼さん。得意の空手を活かしたアクションシーンなど、「MOTHER マザー」で演じた役柄とはまた違った一面をはやく見てみたいですね!今後はさらに活躍の場が広がると思うので、バラエティ番組でも奥平大兼さんを見ることができる日もそう遠くはないと思います。皆さんもぜひチェックしてみてくださいね!最後までお読みいただきありがとうございました!